武蔵小杉一番街でハシゴ酒!どんなお店があるのか比べてみた

グルメ

武蔵小杉駅の東急南口から徒歩3分の路地裏に、新しい飲みスポット「武蔵小杉一番街」が誕生した(2022年5月末)。

半屋外店舗の中は見通しが良く、お酒とグルメをハシゴでも楽しめる5店舗がひしめいている。

さながら恵比寿横丁のような雰囲気で、リーズナブルな料金設定ということもあって連日賑わいを見せている。

200席以上あるので、週末昼から飲みたくなったらフラッと立ち寄れる新スポットだ。

遅ればせながら、ご近所の私も先日馳せ参じたのでレポートブログを書く。

武蔵小杉1番街には、どんなお店がある?

出典:武蔵小杉一番街ホームページ

武蔵小杉1番街には、神奈川県を代表する個性的な飲食店が集まっている。

公式サイトだけでは紹介文が短すぎて、よく分からなかったので自分でリサーチしてみた。

焼鳥パーラー ゴウ

白レバー串(食べかけですみません)

焼き鳥パーラーゴウは、元住吉発祥の飲食チェーンが展開する焼き鳥店。

名物の鳥刺しや白レバー串など、ビールによく合うメニューが揃っている。

店員の若いお兄ちゃんたちが、かなり気の利く接客をする傍ら、少しおちゃらけて楽しませてくれる。

たまに店員が鳴らす鳥の人形。卓上のベルを鳴らすと、写真左のカゴに入ったテキーラの小瓶をオーダーしたことになるので要注意だ。

韓兵衛(かんべえ)

出典:食べログ

韓兵衛は、横浜市発祥の飲食チェーンが展開する韓国屋台料理店。

名物は、鉄板ごと登場するキムチ添えのサムギョプサルやトッポギなど。

マッコリを楽しみたい時におすすめ。やはり女性に人気のようだ。

出典:食べログ

もつ煮込み専門店 沼田

(出典:食べログ

沼田は、個性派グルメがしのぎを削る新宿三丁目でも人気の店である。

「もつ煮込みって、こんなにバリエーションがあったの?」と驚く、まさにもつ煮のワンダーランド。

どこか別の店の人気メニューだったはずだが、客が考案したというメニュー、生のピーマンにつくねを挟んでいただく「つくぴー」も、ぜひ試したい逸品だ。

(出典:食べログ

餃子ノ酒場 やま藤

(出典:食べログ

やま藤の名物は、焼き餃子と肉豆腐。

その他、大衆居酒屋感が溢れる様々な小皿料理がおじさんのハートを掴む。

沿線の高架線下にあるような、大衆食堂が大好きだという人にうってつけだ。

(出典:食べログ

じゅにまーる

(出典:食べログ

じゅにまーるは、横浜や野毛に店舗を構える沖縄居酒屋のチェーン店である。

テビチやソーキといった沖縄ならではの具材が楽しめる「沖縄おでん」や、栄養たっぷりのゴーヤが入ったチャンプルーは、胃も心も癒してくれる。

暑い夏は、冷えた薄めのオリオンビールが良いよね。脳内は沖縄にひとっ飛び!

(出典:食べログ

野毛ステーキ酒場 ビーフキッチンスタンド

(出典:食べログ

日本屈指のせんべろスポット・野毛でも人気のステーキ酒場、ビーフキッチンスタンド。

名物のビフテキは、げんこつサイズの牛肉の塊で290円というリーズナブルさ。

他にも煮干しラーメンなど、メニューは完全に男性に振り切っている様子。良いんじゃないでしょうか。

(出典:食べログ

魚と酒 はなたれ

(出典:食べログ

野毛発祥のチェーン店で、鮮魚と日本酒と新鮮な野菜が楽しめる。

神奈川のお酒や鎌倉野菜など、神奈川愛を感じるメニューで溢れているぞ。

新橋、銀座、丸の内など国内屈指のグルメスポットにも店を展開して頑張っているようだ。

(出典:食べログ

まとめ:武蔵小杉一番街でハシゴ酒を楽しもう

武蔵小杉一番街は、平日は20代の若者で溢れているが、週末は小杉周辺の30代〜40代マダムやパパも飲んでいるので、アラサーの私も人目を気にせず、ひとり飲みを楽しむことができた。

「お酒が飲みたい…。ひとが作った美味しい料理も食べたい…。」

「急に友だちと飲むことになったけど、店探しが面倒くさい…。」

そんな時、武蔵小杉一番街はいつでも温かく迎えてくれる。

武蔵小杉一番街は、武蔵小杉の新たな顔として、地域住民に愛されるに違いない。

 (参考:武蔵小杉一番街ホームページ

近くにセンターロード小杉もあるよ

なお、武蔵小杉一番街の近くには、古くからある飲み屋街「センターロード小杉」もある。

小さな路地は、さながら新宿ゴールデン街のごとくアングラな雰囲気が漂っているため、初めて入るのに少々勇気がいるが、味のある飲み屋が軒を連ねており、川崎フロンターレファン憩いの場にもなっている。

昨今のコロナ禍で店もいくつか入れ替わりがあったので、こちらもいずれレポートしたい。

暑い日が続いているので、体調に気をつけながらお酒を楽しもう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました