30歳で1500万円貯金した夫と、赤字の妻

雑談

先日、夫が貯金額1500万円に達したことを嬉々と報告してくれた。

夫の通帳を見せてもらうと、確かに1500万円貯まっていた。

一方で妻の私はというと、完全に赤字財政に陥っている。

一時は同じ会社に勤め、同じ給与を得ていた私たち。

なぜ、ここまで夫婦の貯金額に差が出来てしまったのか。

今回は、自戒も込めて原因を考察して行きたい。

なかなか貯金ができずに困っている方は、私と一緒に考えていただくきっかけになると嬉しい。

データ(国民の貯金額)

出典:厚生労働省 2019年度 国民生活基礎調査

厚生労働省のデータによると、児童のいる世帯の平均貯蓄額は723.8万円

また、30代の1世帯あたりの平均貯金額は530万円となっている。

このデータだけ見ても、夫の貯金額は年齢の割には平均の2〜3倍にあたるのでヒラ会社員にしては相当貯めている方だと言える。

なお、貯金額を左右する要素として年収の差も大きいと思うが、そこまでデータを見に行くのが面倒なので、いったん脇に置いておく。

ここからは、夫と私の支出の違いを大まかに整理して行く。

妻の支出

私たち夫婦は、元々は互いに年収600万円くらいの会社員だった。

ということは、貯金額にこれまで差が出来てしまった要因は「支出」にあるのかもしれない。

まず、妻である私の支出を整理してみる。

住宅費用(マンションのローン、管理費など 夫婦で折半) 5万円

保育料(こども1人分、夫婦で折半) 3.5万円

奨学金の返済 3万円

貯蓄型の生命保険(こどもの学費老後資金用) 6万円

定期預金 1万円

生活費(光熱費、食費など。夫婦で折半)3万円

小遣い(交際費、美容代など)5万円

私の財布からは、月々だいたい合計26万円が出ていくということになる。

ボーナス月には、住宅費用、奨学金、生命保険でいつもの3倍の金額が出ていく。

奨学金などもあるので、人よりも支出が多い方ではないかと思う。あと最近思ったけど、貯蓄も兼ねているとはいえ、保険料払い過ぎだな。

逆に、食費はかなり抑えている自信がある。

牛肉・刺身はお祝いの日以外めったに食べないし、スーパーでその日安い食材を買って、栄養バランスも考えながら調理している。

そんなわけで毎月かなりの支出を抱えていた私だが、このサイクルが崩れ始めたきっかけは「時短勤務による年収減」だった

それまでの私は夜22時まで働いていたが、保育園は延長しても20時が限界なので(夜勤のある仕事だって沢山あるのに、なんでもっと預かってくれないのかな)、長男出産後の職場復帰を機に、業務を調整してもらった。

その結果、年収が600万円→300万円へと半減してしまったのである。

そんなに下がるなんて聞いてなかったし、知らなかった。やりどころのない悲しみである。

更にショックだったのは、年収600万円ベースで生命保険と住宅ローンの控除枠をフルマックスに設定していた控除額が、年収減に伴い、約42万円→約10万円へ激減したことである。

今までは年始にボーナスがもう1回あるくらいの感覚でいたのに、それも無くなってしまった。

(出典:ウェルスハック

そして、ついに第二子の出産・育児休暇に伴い、妻の財政は赤字に転落してしまった。

育児休暇中の給付金は、申請から給付まで4ヶ月かかる上、支給金額は前年度の月給与の67%(育休取得後、半年以降は50%へ減る)。

年収300万から、更に減額されるわけだ。

定期預金で貯めたお金は、あっという間に消えた。

来年からは2歳と0歳、2人分の保育料が毎月10万円かかるので、本当に頭が痛い。

心底、自分の無計画さを呪うと共に「女に生まれなければよかった」と何度も思ったし「男女平等って、なんだろう?」と男を恨めしく思った。

ファイナンシャルプランナーも信用しちゃいけなかった。あいつらは自分の保険商品をうまく売りつける糸口を見つけるためにこっちの個人情報を聞き出していると思った方が良い。

しかし、そんなことをウダウダ言っていても仕方がないので、このたび生命保険の一部を解約し、夫に生活費の比率を2:1に変えていただくよう、涙ながらにお願いした。

マンションのローンは、ペアローンで組んでしまったので、もはや金融機関を借り換える以外、金額を変えることはできない。

少しでも収入を増やせればと、私は在宅でできる副業を始めた。

時給換算するとコンビニのアルバイト以下だが、幼い子どもがいる状況下では大した仕事ができない。

子どもは3人欲しかったが、妻の経済的に厳しいので諦めた。

マジで、女が男に頼らずに子どもを育てようと思ったら、水商売をやる他に方法がないと思う。

以上、批判・異論はあるだろうが、私のような失敗を未来のママたちには犯してほしくないという思いで赤裸々に語ってみた。

夫の支出

一方で、夫の毎月の支出はこんな感じだ。

住宅費用(マンションのローン、管理費など 夫婦で折半) 5万円

保育料(こども1人分、夫婦で折半) 3.5万円

生活費(光熱費、食費など。夫婦で折半)3万円

小遣い 3万円

とてもシンプルだし、勝手に月20万ペースで貯まっていく。

なお、投資の類は一切していない。

夫はただ、お金をほとんど使わない生活習慣が出来上がっているのだ。

出会った当初、夫の行動に私は驚きの連続だった。

しかし、この慎ましい生活習慣こそが、何にも変え難い「貯金体質」を形成していると感じる。

具体的には、夫は以下のような生活をしている。

外で飲み物を買わない、外食しない

夫は、滅多に外出先で飲み物を買わない。

スタバはおろか、コンビニでペットボトル飲料を買うことすらしない。

もちろん外食もしない。

お祝い事は、スーパーで良い食材とお酒を買ってきて、家で楽しむのが夫のスタイルだ。

ちなみに普段、夫の料理はおかず1品のみ+ご飯が基本である。

コロナ以前は、彼は社食で毎日300円のカレーを昼食に食べていたという。500円ですらないという徹底ぶりだ。

そして、今では完全リモート就業になったので、夫は毎日自炊をしている。

旅行しない、映画館に行かない

デートの定番でもある映画館には、ほとんど行ったことがない。

夫とのデートは、もっぱら散歩だ。

そもそも旅行も映画館も、夫は好きではないらしい。

どうやら「目で見て楽しむ」ことが出来ないようなのだ。だから普段、テレビも全く観ない。

そんな夫の楽しみは、ランニングなどの運動で「体を動かすこと」と、ゲームで「頭を動かすこと」である。

友だち付き合いを頑張らない

そもそも人にあまり興味がないのか、夫は交友関係を広げるような場に行かない。

結婚式でも「親戚以外、誰も呼ばなくて良い」と言っていたくらいだ。

付き合いで飲みにいくことも滅多にないので、飲み代が発生しない。

趣味のテニスも、専用のSNSを見て出かけるので、一期一会の相手ばかりである。

物を買わない・溜めない

夫は、収納ケースすら買いたがらない徹底したミニマリストである。

服も持っているのは上下5セットくらい。しかも全てユニクロである。

いらなくなったものは、惜しげもなくどんどん捨てる。フリマアプリは使わない。

私のように100均で無駄遣いすることもしない。「安物買いの銭失い」とは、まさに私のことである。

家と貯金以外の資産を持たない

夫は「家と貯金以外の資産は不要」と考えている節がある。

例えば生命保険、IDECO、NISAといった運用型の資産形成に、夫は全く関心を示さない。

知らないわけではない。ただ、知った上で必要性を感じないらしい。

確かに、貯金さえあれば何もやる必要はないのだ。

唯一、会社の財形貯蓄だけ「利率がいちばん良いから」と、やっている。

車も「維持費がかかるから」と、買おうとしない。

家だけは、結婚する直前に新築を早々に買った。賃貸は、高齢になると貸し渋られるからだ(高齢者は孤独死のリスクがあるので、貸し渋られる傾向がある。かつ夫は潔癖なので)。

そんなわけで夫を見ていると「哲学者のカントも、夫のような人間だったのではないか」と思うくらい生活リズムが固定しているのだが(カントに失礼)、本人はいたって無理をしている様子もなく暮らしているので、多少見習える所はあるのではなかろうか。

貧困は、生活習慣に根ざしているのかもしれない

最近、子どもがいる世帯への給付について、一律給付とするのか、世帯年収で仕切るのか、世間で長々と騒がれている。(もう決まったのかな?)

私個人の意見としては、生活のゆとりの程度を世帯年収で分けようとしていること自体がナンセンスだと感じる。

生活のゆとりは世帯年収だけでなく、支出で変わってくるからだ。

「そこまで細かい要素は見切れないよ」というのであれば、一律給付がやっぱり平等なんじゃないのと言いたい。

最後に、もう一つの家庭の事例をご紹介したい。

私の両親は、既に齢60歳を超えているが、貯金がほとんど無い。

べつに親の恥を晒したいわけではない。

妻はほぼ専業主婦で、こどもを3人生み育てて、全員私立に行かせて、土地も家も買って、父が病気で働けなくなったら、そりゃあ貯金できないだろうと思う。

ただ、夫に出会ってしまうと、やっぱり両親にはお金の工面の仕方がもっと工夫できたのではないかと感じてしまう。

私が言いたいのは、政府が個々人に、老後の工面まで自己管理させようとしている、今の流れには、やっぱり限界があるのではないか?ということだ。

人によって、生活の基準は違う。

そして、それは簡単に変えられるものではない。

病気になるタイミングも、寿命も分からない。

父も母も、特に「無駄遣いをしている」という意識がない。

それどころか「なぜ、こんなにお金がないのだろう」と真剣に悩んでいる。

生活習慣は、世帯年収以上に、貯金額に影響をもたらす要素なのだと思う。

もっとも、政府としては「国民の家計を助ける」というよりも「金を使わせて日本経済を回すこと」が目的なので、給付金を全世帯だろうが、世帯年収で区切ろうが、正直どっちでも良いと思っていることだろう。

だが、個人で備えようとすればするほど、経済(個人消費)は停滞する一方なのではないだろうか。

話がずいぶん逸れたが(バカほど政治批判に飛躍しがちアルアル)、貯金が必要な金額やタイミングは人それぞれだし、30歳で1500万円という貯金額が理想的だという話でもない。

ただ、貯金ができると将来への不安は軽減されるので、悪いことではないと思う。

夫のやり方が資産形成の仕方として理想的かどうかはさておき、誰でも気軽に真似できるのが夫のやり方だと思うので、ご紹介してみた。少しでも参考になったら嬉しい。

その前に、支出項目が見えていない場合は、ノートの端っこで10分で整理できるので、ぜひ通帳やカード明細を見ながら書き出してみてほしい(私も久しぶりにやった…)。何にいくら使っているのかが見える化するだけでも、ちょっとスッキリすると思う。

私は、まずはクレジットカードを封印することから始めようかな。

カードって無駄使いしやすいよね。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました