横浜アンパンマンミュージアムに行く際の注意点

育児

先日、2歳の息子を連れて、横浜のアンパンマンこどもミュージアムに行ってきました。

今、息子には空前のアンパンマンブームが到来しています。(ママ友も言ってましたが、家で1度も観せたことが無いのに、なぜ急に好きになるんだろう…)

ミュージアムでは新型コロナウイルスの感染予防策がされているのですが、いざ行ってみたら、小さい子連れなので事前に知っておきたかったな〜…という点がいくつかあります。

これから行く方は、ぜひ参考にしてください。

ーー

追記:当記事は2021年に作成しましたが、2022年3月に再訪した時点で特に変更された点は見受けられませんでしたので、参考になるかと思います。↓

入場チケットは事前購入制

今は入場制限をしているので、ミュージアムに入場する場合は、事前にチケットを購入してから行く必要があります。

公式サイトから、チケット販売サービスの「アソビュー」に飛べます。

(この前、うっかり他の博物館に行ったら事前予約制で入れなかったので、念のためお伝えしました!)

私が行こうと思い立ったのは当日の朝でしたが、まだ夕方の最終枠だけ空いていました。

こどもが昼寝する前に行きたい方は、日に余裕を持って予約しておいたほうが良いです。

チケットはけっこう高い。

こどもも大人も関係なく、ひとり2000円かかります。

動物園や水族館と比べて、割高感が否めない…。

あまりベビーが遊べるものはない

ミュージアム内は、1〜2才児がたっぷり滞在して遊べる感じはなかったです。

アンパンマンの世界観を表現してはいるのですが、アンパンマン以外の、よく知らんモブキャラたちの展示ばかりで。

肝心のアンパンマンの姿が見あたらないので、正直「なんだか、子ども心を分かってないミュージアムだなあ…」という印象を受けてしまいました。

1歳の息子も、入り口でアンパンマンのBGMに一時テンション爆上がりしたものの、その後は展示物を見て「?」という感じ。

ショーを観ないと、元を取った感じはしないです。

アスレチックコーナーもありますが、スペースが狭いので、すごく密。

5才児前後のこどもたちが遊んでいるので、1〜2才児は危なくて遊ばせられないです。

次からは、ショピングコーナーだけで十分だなと思っちゃいました。

ショッピングコーナーは、かなり広々としたフロアにショップがたくさん入っていて、ミュージアムの入場チケットを買わなくても利用できます。

アンパンマン好きの子どもの育児に大活躍する知育グッズや絵本、おもちゃがいっぱいです!

ミュージアム内でベビーカーが使えない

感染予防対策のためか、受付後、すぐにベビーカーを預ける部屋に案内されます。

小さいかばんで来てしまった私、失敗した…。

リュックで来ていたら、ベビーカーの荷物入れに積んでいたものも入れ替えられたのに。

ミュージアムのメインフロアは、受付階のひとつ上なのですが、エレベーターで上がることはできず、30段くらいの階段を登る必要がありました。

妊娠中で、まだ階段を上手に上がれない1歳半の息子を連れて行くには、抱えて行かねばいかず(そして帰る際も…)、けっこうしんどかったです。

一応、登る前にスタッフさんにエレベーター使えないか聞きましたが使用させてもらえませんでした。

大人は2人で。レジャーシート持参で行こう

ここまで文句ばかり書いてしまいましたが、アンパンマンショーは一見の価値ありです!

アンパンマンや主要キャラたちが歌って踊って、こどもたちも大興奮。

照明機材もフル回転の素晴らしい演出。紙吹雪もあり。

これのためなら、高〜い入場料も払う価値があります!

ただ、ソーシャルディスタンスを確保するため、本来は立ち見の観客スペースにロープが敷かれていて、「この位置で見てください」マークがついています。

そこからズレると、すかさずスタッフさんに注意されます。

なので、総勢でも100人くらいしかショーを見れません。

良い位置で見ようと思ったら20人分くらいしかないので、ショー開始の30分前から場所取りをしておく必要があります。

場所取りするぶんには、とくに何も言われません。

オススメは、子連れなら最低でも大人2人以上で来ること。

ショー待機要員として大人ひとりが場所とりをしておき、その間、もう1人の大人が子どもとミュージアム内を回って遊んで来る。という体制がオススメです。

我が家は親子ふたりだったので、ひたすら息子にスマホでYouTube のアンパンマンを見せて、なんとか持たせました。

エレベーターだったりソーシャルディスタンスだったり、ここまで感染予防を意識しておきながら、なぜか床にベタ座りしないといけないスタイルだったので(土足で踏み歩いている場所です…)、

気になる方は、タオルなりレジャーシートシートなりを持参しましょう。他の方に迷惑がかからないよう、敷く面積は気をつけましょうね!

ちなみに消毒液は、ミュージアム内のいたるところに設置されていました。

まとめ:横浜アンパンマンミュージアムに行く際の注意点

■入場チケットは事前購入制

■あまりベビーが遊べるものはない

■ミュージアム内でベビーカーが使えない

■大人は2人で。レジャーシート持参で行こう

横浜アンパンマンミュージアムが気になっているベビー連れの方は、これらのことや感染に気をつけて、楽しんで行ってらっしゃい〜!!

コメント

  1. […] こんにちは!ぷうです。先日の横浜アンパンマンミュージアムに行ってみたに引き続き、 1歳半の息子と、横浜の野毛山動物園に行ってきました。初めて行ったので、事前に公式サイトやレビューを読み込んでから行ったのですが、「これは事前に知っておきたかった…。」と思うことがあるので、ママたちに参考にして頂ければと思います。 […]

タイトルとURLをコピーしました